マツダ・トヨタ・ホンダ・BMWの水素自動車

各大手の自動車メーカーが水素自動車の研究開発を進めていますが、開発のアプローチはそれぞれ異なります。

トヨタやホンダは、燃料電池自動車と呼ばれるタイプの水素自動車を重点的に開発しています。燃料電池自動車は、水素と空気中の酸素の化学反応によって生み出した電気をその動力とします。

BMW製は、水素を直接燃焼させて動力とするタイプで、こちらのエンジンにはレシプロエンジンを採用しています。レシプロエンジンは、ほとんどの自動車に搭載されている一般的なピストン式エンジンです。BMW製は、水素とガソリンを両方使用できる切り替え式となっています。また、通常の水素の代わりに液体水素を燃料とする事で差別化を図っています。

マツダもBMWと同タイプですが、BMWがレシプロエンジンであるのに対し、マツダはロータリーエンジンを採用しています。水素ロータリーエンジンは、レシプロエンジンと比べて効率面で劣るものの、水素燃焼時のトラブルのリスクを軽減できる構造になっており、安全性に優れています。マツダ製も、BMWと同じく水素とガソリンの切り替え使用が可能です。